KAORUのスケッチサロン

大好きなスケッチを中心に、折々の心模様を綴っています。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
和服女性

ワットマン F6


今期のモデルスケッチは、和服の女性。
教室では初めての試みなので、心なしか緊張しました。
今回は鉛筆で描いたので、水彩色鉛筆で彩色してみました。
舞支度模写ブログ
                  
                        F4

大好きな上村松園の『舞仕度』を模写してみました。

肌の白さ、切れ長の瞳、自然な眉、結い上げた髪、美しい佇まい…
一つ一つに作者の美への執念が感じられ
いつ見ても心を打たれます
ミュシャ模写ブログ
A新聞で毎月配布される
ミュシャの絵をF4に模写してみました。

衣服の流れや繊細な髪の毛にため息が出ます。

原画のバックは幾何学模様なのですが
あえて三日月に乗った
ロマンチックな仕立てに変えてみました。

肌の白さを引き立てるには…
女性の瞳に視線を集めるには…
と意識しながら描きました。
レノ
愛犬も17歳になり、うとうとしている時間が増えました。
気持ちよさげに静かな寝息を立てている姿に心が和みますが、
優しい瞳で見つめてくれる表情が一番好きです。
長生きしようね
模写(安田)

2016年の幕開けです。
平安な年でありますよう祈ります。


お正月ということもあり
久し振りに美人画が描きたくなり
安田靫彦と河鍋暁斎の美人を模写してみました。
本年もどうぞ宜しくお願いします

模写暁斎)

ブログ用模写ポール・じゃクレーオウム貝
模写:ポール ジャクレー『オウム貝 ヤップ島』

最近、模写に嵌っています。
自分の線に行き詰まった時
道標となってくれるのが
先人達の素晴らしい線です。

心惹かれる作品を、ひたすら描いていると
作家の息遣いが感じられ
時代や空間を超えて
絵を愛する個人として励まされます。

仕事に追われ、スケッチに出かけられない時でも
少しの時間を積み重ねて仕上げられるのが嬉しいです。

夜でも色塗りできるので、色鉛筆を使ってみています。
色を重ねてみると、色彩の基本が分かり
いろいろと勉強になります。

時には手法を変えてみるのも新鮮ですね。
休日の公園ブログ
≪アースガーデン・渋谷≫ワットマンF10

ハロウイン前日の10月の土曜日
「都市をどう描くか」というテーマを携え
教室メンバーは渋谷・原宿へ散らばりました。

私が選んだのは、
アースガーデンが開催されているNHK前の通りです。

クラフトや地産品の販売や屋台で賑わう雰囲気と
個性的な人が行交うのが楽しく
久々にノリノリで人描きに集中できました。

まずは気になるポイントで、
下書き用画用紙に10枚程描き
最終的にオリンピック体育館を背景に
「旅する花や」さんを中心に仕上げました


こういうイベントでは、
人が何度も行き来してくれるので助かります。
場所を変えて描いていると、
途中で描けなかった人とまた遭遇したり…
描いていても気づかれないのも嬉しい…
相手に意識されると
描いているこちらも同じく緊張しますものね


門内ブログ

『ドーリア城門の中』  ランドスケープG8

城門の中は、観光客と地元の人が交じって買い物をするストリートです。
猫も悠然と歩いています。
海辺の町だけあって、あちこちで猫に遭遇しましたが
すぐにゴロニャンとおなかを出して警戒心は皆無
大事にされているのでしょうね。
ゆったりと時の流れる町でした

土産物店ブログ
『お土産屋さん』 ワットマンF6

通りの中ほどにある、手作り陶器が人気のお土産屋さん。
私も記念に可愛い小皿とピッチャーを購入しました。 
ブログ 絵皿
協会
『サンピエトロ教会』 ランドスケープG8

岬の先端に聳え立つ岩づくりの荘厳な教会

色のイメージが湧かず未だ線描きのままです。



 
ベルナッザの教会ブログ

『サンタ・マルゲリータ教会』 アルッシュF4

滞在中、日帰りでチンクエテッレを訪ねました。
ポルトヴェーネレからリオマッジョーレ迄の船は
かなり揺れると聞いていたのですが
幸いにも穏やかな波で無事到着。
列車に乗り換えてベルナッツアに入りました。
海岸線ぎりぎりに建つ家並みが可愛い港町です。

急斜面に建つ尖塔とエンジェルの風見鶏に誘われて
トレッキングコースに張り付いて描きました。
日差しを遮るところが全くなく、ジリジリと日に焼けながら頑張りました。
でも地中海の風は心地よかったです。
の店LA CAMBUSAブログ
『LA CAMBUSA』 アルッシュF4

ポルトヴェーネレの旧市街の入り口にあり
親日家のご夫婦が営むこの店は、まるで町の見張り番のよう。
陽気な奥さんに比べ、ご主人はちょっと気難しそうでしたが
連日通ううちに、店の記事が載った日本の雑誌を誇らしげに見せてくれたり
旭日旗を描いて呼び方を質問してきたり
日本のことをとても良く知っていて驚かされました。
やはり絵は、心の垣根を取り除くのですね
ポルトベーネレ・港ブログ

『聖ロレンツォ教会とバラッアータ』 ワットマンF8

6月13日~20日 スケッチ仲間と
北イタリアのポルトヴェーネレにスケッチに出かけてきました。

ここは、永沢先生の「海辺のイタリア」にも登場する憧れのスケッチポイント
ポルトヴェーネレとは『女神の港』の意味で、
海洋国ジェノヴァが築いた城と砦・カラフルなバラツアータが美しく
心が弾みました。
3日間午前中はこの対岸の埠頭から描きました。
丸いドームが聖ロレンッオ教会です
仲良し3人組
『なかよし三人組』   アルッシュF4
波止場で知り合ったかわいい少年達。
左の地元少年とヴァカンスでミラノから来ていた右の二人
毎朝この埠頭からダイヴと水泳を楽しんでいました。

片言のイタリア語で話しかけると
大喜びですっかり仲良くなり、
滞在中、出会う度に声を掛けてくれました。

教えた日本語「コンニチハ」「サヨナラ」「アリガトウゴザイマス」を
連呼しながら走り回っていた姿が忘れられません。

«  | HOME |  »

プロフィール

KAORU

Author:KAORU
スケッチと音楽が大好き!自然の中で線描きしたり、音楽を聴きながら色塗りしたり。イタリアスケッチを夢みてイタリア語も勉強中です。 愛犬(ミニチュアダックス)ともどもよろしく

アクセスカウンター

旬の花時計

青空に映える名言集-恋愛Ver

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

金魚

Pika_Mouse

powered by
3ET

Pika_Mouse

powered by
3ET

TOEICボキャドリル(わんこ版)

ブログ内検索