KAORUのスケッチサロン

大好きなスケッチを中心に、折々の心模様を綴っています。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かぼちゃ地塗り


日本画の第二工程に入りました。

スヌーピー①トレーシングペパーに下絵を写し、念紙を使って麻紙ボードに転写
②墨に膠を混ぜ、面相筆で墨描き
③薄墨で濃淡をつける
④紙の保護と発色を良くするため、胡粉を全体に塗る
   

胡粉(イタボガキを砕いた粉)は乳鉢で空摺りし
   膠を少しずつ入れボロボロ状になったら団子にする。
   100叩きと言われる程、皿に叩き付け膠を馴染ませる。
   両手でよく練って白玉状になったら、きれいなお湯であく抜きをする。
   お湯を捨て更に乳鉢で伸ばし、膠を加えて擂り潰す。
   こうしてできた胡粉を刷毛で縦横にさっさと塗る。
   
 この作業は大変かもしれませんが、 

私にとっては白玉を作っているようで楽しかったです

⑤胡粉が乾いたら、水干絵の具を膠で溶き同様に刷毛で全体に塗る
 ドライヤーで完全に乾かしては塗る作業を3回
 今回は2色を使っての地塗りでした。
境界を目立たせないようぼかすところと、
ところどころ絵の具を拭きとって変化をつけるところがポイントでした。


出来上がりは、ご覧のように墨がうっすらとなっています。
此処まで来て、墨描きの線はあまり細かくなくても良かったかもとテンション↓
地塗り後に墨描きする人もいるそうです。

先生いわく、地塗りがうまくいかないと良い作品はできないとのこと。
地塗りが成功すれば後は描くだけ???だそうです。

でもやはり、これからが大変ですよねかお

スポンサーサイト

Comments

Submit Comment

管理者にだけ表示を許可する

TrackBacks

http://renowan.blog102.fc2.com/tb.php/103-02c53a36

 | HOME | 

プロフィール

KAORU

Author:KAORU
スケッチと音楽が大好き!自然の中で線描きしたり、音楽を聴きながら色塗りしたり。イタリアスケッチを夢みてイタリア語も勉強中です。 愛犬(ミニチュアダックス)ともどもよろしく

アクセスカウンター

旬の花時計

青空に映える名言集-恋愛Ver

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

金魚

Pika_Mouse

powered by
3ET

Pika_Mouse

powered by
3ET

TOEICボキャドリル(わんこ版)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。