KAORUのスケッチサロン

大好きなスケッチを中心に、折々の心模様を綴っています。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このところ線と色のバランスについて悩んでいました。
線描きの面白さに憑かれ、ついつい描き込みに走り
透明水彩の良さを活かせなくなっていました。

先生のおっしゃる「描き込み病」になっていたのかも…
必要のない線は省き、活きる線だけで描かねばと反省しています。

ブログ バラ 
久しぶりに鉛筆でバラを描いてみました。
消すことのできないペンと違って
何度でも納得のいくまで引き直せる鉛筆を使うのも
自分の線を見つけるのには良い訓練になるように思います。
こう思うのも、デッサンの必要性を感じ始めたからかもしれません。

以前、先生が
デッサンから絵を始めようとすると多くの人が挫折してしまう
最初は描きたいと思う気持ちを大切に
どんどん描いていくほうが良い
そのうち自分で足りない技術を感じたら
それを身に付けていけばよい

と言われたことを思い出します。

私にとって、今がその時なのかもしれません。
自分の壁は自分で乗り越えていくしかないですね
スポンサーサイト
ムービング男
前回の教室は、男性クロッキーでした。
バレエで鍛えたモデルさんの体はさすがで
ポーズによって筋肉の動きがはっきりと判ります。


先生曰はく「実物のモデルより細目に描くか、
太目に描くかで二手に分かれる
」とのこと、
これは潜在的な好みの影響なのでしょうか。
ムービング男2
男性を描くことが苦手の私は
静止ポーズではなんとかついていっても
ムービングになった途端、パニック!
心の中で「止まって、止まって!」と叫んでいました。

ムービング男3 

街中スケッチで動く人を描く為には
この訓練は有効かつ必至なのは判っていても

やはり過酷・・・でした。
ムービング男4                                      「だんだん力が抜けて、柔らかく描ける」という
先生の目論見に反して
3時間の長丁場にぐったり!
最後は集中力も途絶えて、手しか描けなくなっていました

 | HOME | 

プロフィール

KAORU

Author:KAORU
スケッチと音楽が大好き!自然の中で線描きしたり、音楽を聴きながら色塗りしたり。イタリアスケッチを夢みてイタリア語も勉強中です。 愛犬(ミニチュアダックス)ともどもよろしく

アクセスカウンター

旬の花時計

青空に映える名言集-恋愛Ver

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

金魚

Pika_Mouse

powered by
3ET

Pika_Mouse

powered by
3ET

TOEICボキャドリル(わんこ版)

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。